さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


アクセスランキング ブログパーツ


前身のチャンネル北国tvから長年お世話になったブログサービス
「さぽろぐ」でのブログ容量が無くなる為、
他のブログサービスに移行することになりました。
新ブログ→→→Hideの「何をゆう~早見優~」 @釧路食遊記
新URL →→→ http://hide946.blog18.fc2.com/

2009年03月03日

くーちゃんがケガをしたみたいです



ラッコのくーちゃんが釧路川に姿を見せてから20日目の昨日2日午後4時半ころ、くーちゃんの脚に釣り人の釣り針が刺さっているのを警備員の男性が発見したみたいです。

Yahooニュースの記事によると、釧路川で起きた水難事故の捜索のために出動した海上保安庁のヘリの音に、くーちゃんが驚いてパニックに陥り川の中を右往左往したみたいです。その際、釣り人の釣り糸が脚に絡まり、脚ひれの付け根に釣り針が刺さった模様です。またこの記事では、釧路市動物園の井上雅子主幹の「これ以上、人間の近くにいるのはよくない。釣り針だけ取り除いて、そのまま沖に帰してやる方がいいかもしれない」との談話も伝えています。

朝日新聞の記事では、ラッコは「ラッコ・オットセイ猟獲取締法」で捕獲が禁止されているが、道が専門家に電話で様子を伝えたところ、3日以降のラッコの様子を見て対処するとの記事が。また読売新聞では「治療するために捕獲すると、ラッコに大きなストレスをかけるので、しばらくは様子を見守ったほうがいい」という記事もあります。

ラッコのくーちゃんは本来ならこんなアクシデントに巻き込まれることはほとんど無いであろう野生動物です。2月11日に釧路川に現れて以来、人間の世界に近付きすぎてすっかり人馴れしてしまったことが原因で起きてしまった残念な事故。私もその愛くるしい姿をこの目で見たくて、安易な気持ちでくーちゃんのそばまで行って写真を撮って喜んでいたひとりですが、この報道を知って何とも言えない切なさと罪悪感を抱いています。

海保のヘリが悪いとか、釣り人が悪いとか、そんな単純な話ではないとは思いますが、やはり上記の井上主幹のおっしゃるとおり本来の野生動物の生活圏に帰してあげるのが、くーちゃんにとっては一番幸せなことなのかもしれないですね。

ん~。なんかこれ書いててすごく寂しくなってきたなぁ。



札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。
中長期のレンタカーなら断然格安です!






札幌レンタリース様 ウェブサイト リンク集
「北海道食べ歩き」に当ブログが掲載されました



釧路の旬なブログを紹介するサイトです





この記事へのコメント

■ 北の旅烏

http://ch09681.kitaguni.tv/ 新聞を見てショックを覚えた一人です・・・。
釣をする立場から日頃渓流でも海でも不要になった
仕掛けや自分で出したゴミ類を持ち帰っていますが
水中で切れたテグスやその先の針は回収できません。
罪悪感が襲ってきます・・・。
野生の動物が人間の側にいるのはやはりこのような
事体を引き起こす原因になるのですね。
ラッコが初めて北海道の水族館に来た時に真剣に
ラッコファンクラブを作ろうか・・・と
考えていたくらい好きでしたから・・・。

Posted by 北の旅烏 at 2009年03月03日 09:56

■ Hide

http://hide.kitaguni.tv/ >北の旅鳥さん
決して釣り人が悪いわけではないと思いますが
このようなアクシデントだと北の旅鳥さんもショックでしょうねえ。
くーちゃんにはずっと釧路川に居て欲しいと思いますが
人間の側に居るとまた同じような事故に遭わないとも限らないですし・・・・・
なんか良い方法ないものでしょうかねえ。

Posted by Hide at 2009年03月03日 21:13

■ Taka

http://funkstaka.blog49.fc2.com/ くぅちゃん、実際に愛娘と見てきましたが可愛いですよね。
でも、本当にくぅちゃんのことを思うのであれば井上さんのいうとおり生活圏(多分北方領土)に帰すしかないと思います。
釧路市役所はこのまま地元に利益を還元したいので動く気は全くありません。釧路支庁もそうです。経済効果は計り知れません。大人の原理と動物の原理、相容れないものがありますよね。多分、明日以降、自然保護団体等が騒ぎ出すと思います。

Posted by Taka at 2009年03月03日 21:38

■ pira

http://pira-ephp3.jugem.jp/ やっぱりね。

24日、私の記事でやんわり書きましたが、こういうことが必ず起きるのではと心配していたのです。いいところで沖に帰えらせてあげたかったなぁ。

いっときの人間のエゴに付き合わされてかわいそうです。

私も含めてみんなに責任があるのでは。

Posted by pira at 2009年03月03日 22:29

■ とみぞう

人間の生息領域は、大昔から人間以外の生息領域(または生態系)を浸食しています。だから、今回の件はいまさら目くじらを立てるまでもないと思ってます。こういうことはいつでも起こりうる、ってことを自覚しておけば良いんじゃないでしょうか。

欲望がなければ、今のような便利で快適な生活ってのはありえないわけです。

そこは上手に自己制御していくしかないんじゃないでしょうか。昨今の金融危機で、図らずとも「欲望制御」が必要だってことに皆さん気づき始めていると思いますよ。

Posted by とみぞう at 2009年03月03日 22:43

■ Hide

http://hide.kitaguni.tv/ >Takaさん
暗いニュースばかりの釧路に
久々に明るい話題を提供してくれたくーちゃんですから
このままずっと居て欲しい気持ちはありますが
くーちゃん自身のことを考えると確かに
本来の生活圏に戻してあげるのがベストですよね。
経済状況がジリ貧の今の釧路なので
良し悪しは別として大人の原理が働くのは
極めて自然なこととは思いますけどね。
自然保護団体が今後どういう動きを取るのかに注目ですね。

>piraさん
ホント、いつかこういうことが起きるんじゃないかと思ってましたが
実際に起きるといろいろ考えさせられますね。
野生動物には何の罪もないわけですから
やはり我々人間のエゴがもたらした残念な出来事
としか言いようがないでしょうね。

>とみぞうさん
人間は大昔から人間以外の生き物の生息領域を侵しているというのは
普段何気なく生活していると意識することがほとんどないので
今回の事故で改めて思い知らされた感があります。
欲望を糧に進化していくのも人間なら
その欲望をうまくコントロールして周囲の環境と折り合いを付けていくのも人間。
今のこのご時世だから、くーちゃんは我々釧路市民に
問題提起しにやって来たのかもしれないですね(^_^;)

Posted by Hide at 2009年03月03日 23:26

■ tomi

http://ameblo.jp/wise1972/ 今日、バイトの帰りに見に行ったんですがいませんでした。
大丈夫ならいいんですがね〜。
みんな想像していたとはいえ
どうすることもできませんよね。
今はくぅちゃんが元気に仲間の所へ
帰ってくれる事を願うばかりです(ノ_-。)

Posted by tomi at 2009年03月04日 17:45

■ 酪農関係

豚や牛は食べるのに・・・
釣り針くらいで何が違うのかと・・・

Posted by 酪農関係 at 2009年03月04日 22:09

■ Ritchie

http://ch02569.kitaguni.tv/ あー,みーたんに近づきたい思いで,くーちゃん釣ろうとしたhideさんがいけないと思いまーす.

Posted by Ritchie at 2009年03月05日 05:27

■ いこう斎

http://ch08634.kitaguni.tv/ 野生動物とのつきあい方ってやっぱり距離は必要だと思いますよ。
どこかでアザラシだかオットセイに子供を乗せて写真を撮ろうとした親がいるらしいですが、アホかと。
今回に関わらずかわいい動物が近くまでやってきて周りの人間がヒートアップしちゃうって事が多いですけど、ホントはそっとしておいてあげるのが一番だと私は思います。
気持ちはわかりますけどね。

Posted by いこう斎 at 2009年03月05日 10:55

■ Hide

http://hide.kitaguni.tv/ >tomiさん
私は最近くーちゃんの近況を詳しく掲載している
ブロガーさんとこを毎日チェックしてますが
今日はいつものようにのんびり昼寝したり
川に飛び込んでプカプカしたりとすごく元気そうです。
時間があれば何度も見に行きたいですけど
仲間のところに帰るなら一日も早いほうが
くーちゃんのためになりそうですね。

>酪農関係さん
マジレスするのが馬鹿馬鹿しいんですけど・・・・・

釣り針が刺さったら痛いでしょ。
だからくーちゃんが可哀そうという
とってもシンプルなことなんですけど~(^_^;)
それに豚や牛は物心ついたころから食べる習慣ありましたけど
ラッコを食べる習慣は少なくとも私にはありませんしね。

>Ritchieさん
あ゛。やっぱり私の下心が原因でしたか。
なんとなくそんな気がしてましたが(^_^;)

>いこう斎さん
そうですよねえ。
今回のケースで野生動物との関わり方や
距離感というものを考えさせられました。
アザラシやオットセイに子供を乗せて写真撮ろうとした親がいるんですか?
そんな大バカ野郎な親に育てられなくてはならない
子供が可哀そうですね(^_^;)

Posted by Hide at 2009年03月05日 23:18
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
くーちゃんがケガをしたみたいです
    コメント(11)