さぽろぐ

  写真・芸術  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


アクセスランキング ブログパーツ


前身のチャンネル北国tvから長年お世話になったブログサービス
「さぽろぐ」でのブログ容量が無くなる為、
他のブログサービスに移行することになりました。
新ブログ→→→Hideの「何をゆう~早見優~」 @釧路食遊記
新URL →→→ http://hide946.blog18.fc2.com/

2008年10月01日

オンネトー



足寄町東部、阿寒国立公園内にあるオンネトーに行ってきました。湖畔からは噴煙を上げる雌阿寒岳の姿が間近に見えます。今後、小規模な噴火のおそれがあるとして、29日に気象庁が火口周辺警報を発令した雌阿寒岳ですが、オンネトー周辺の観光にはほとんど影響がない模様です。



オンネトーは雌阿寒岳の噴火によって、螺湾川の流れが止められてできた堰止湖なのだそうです。太古の姿を残してひっそりと佇む、神秘的な秘湖のイメージがありますが、湖周辺はかなり整備されていて訪れる観光客も多く、また大型の観光バスもひんぱんに行き来しているので、実際には秘湖のイメージは薄いかもしれません。




天候や時間、季節、見る角度などによって湖面の色がどんどん変わっていきます。エメラルドグリーンやコバルトブルーなど、刻々とその色を変えていくことから別名「五色沼」と呼ばれているそうです。湖畔の散策路をゆっくりと歩きながら写真を撮ってたんですが、その間にも湖面の色が何度も変化し、その時々で違った表情をみせてくれました。道内外からたくさんの観光客やカメラマンが訪れる理由が良くわかります。


湖底に横たわる倒木が幻想的な雰囲気を醸し出しています。



湖畔の奥まで歩いていくとこんな看板が。



オンネトー茶屋。店内にはオンネトーの写真が展示されていて、オンネトー周辺と足寄町の観光案内や、軽食の提供をしているそうです。今回は別の目的地があるので中には入りませんでした。



茶屋の目の前はこんな感じ。それにしてもオンネトーの色の変化はいくら見ても飽きない。今回は2時間くらいじっくりと見てましたが、お腹が空かなければ(?)あと3~4時間はずっと見ていられるような気がします。

そうそう。写真撮りながら歩き回ってたら、湖と雌阿寒岳、阿寒富士をながめながら、おにぎりを頬張ってマッタリとしている女の子を見かけました。その子の幸せそうな表情を見たら私もお腹が空いてきました(^_^;)




阿寒湖畔にある木多郎倶楽部でスープカレー食べたかったんですけど、行ったみたら臨時休業(ToT)そんなわけでアイヌコタンの入口にある北国の味 ばんやというお店に入ってみました。店内はその名のとおり、番屋風の装飾と囲炉裏のある座敷で良い味出してます。



ばんやラーメン。1500円。アサリ、牡蠣、ホタテ、つぶ、ムール貝、ズワイガニ、ワカメなどの魚貝類、それにワラビ、竹の子、なめこなどなど、海の幸、山の幸が満載のゼイタクな塩ラーメンです。見た目もゴージャスでいかにも観光地のラーメンって感じで、こういうの、私大好きです(^^)スープの中に憎たらしいくらい(?)魚貝と野菜の旨みがしみ込んでるんですよ。いや~、さすが高いだけのことはあるな(^_^;)




帰り道、阿寒町から釧路の市街地に向かう途中の牧場で、食事中のタンチョウを発見。もうタンチョウが人里に舞い降りてくる季節なんですねえ。秋もだんだん深まって、冬の足音が聞こえてくる感じがします。それにしてもタンチョウくん、白、黒のツートンカラーだからって牛の群れにちゃっかり紛れ込んでる様子がなんだか可笑しいぞ~。



札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。
中長期のレンタカーなら断然格安です!






札幌レンタリース様 ウェブサイト リンク集
「北海道食べ歩き」に当ブログが掲載されました



釧路の旬なブログを紹介するサイトです





この記事へのコメント

■ nao

湖の色、木々の映り込み、本当に綺麗ねー。
こういうところに、車で行けちゃうHideちゃんが羨ましい!
何度も写真を見比べて、色の変化を楽しみました。
ありがとう〜見せてくれて。

ばんやラーメンもすごい贅沢〜。食べてみたいです。

Posted by nao at 2008年10月01日 22:24

■ pira

http://ameblo.jp/eternal-place-hokkaido/ ばんやラーメン。
見た目も内容も雑な印象ですが、Hideさんのお墨付きなら私も今月のカンプウ会(鶴雅にて)の時、行ってみようかな。
(具は好きなものばかりですが、ジャイアンシチューのような、笑)

Posted by pira at 2008年10月01日 23:21

■ おさchief

 数年前に何度か、 オンネトーの奥の『湯の滝』まで 天然露天風呂へ入りに行きましたぁ(^-^)
 ここもオンネトー同様、素晴らしい所ですが、バスやクルマの乗り入れが出来ないので ほとんど貸し切り状態で ひっそりとしたイイ感じ…正に「秘湯」ですヨ。
 

Posted by おさchief at 2008年10月01日 23:21

■ Hide

http://hide.kitaguni.tv/ >naoちゃん
本当はもっと遠くに遊びに行きたいんだけど
道東に住んでると近場に自然がいっぱいだから
写真撮るには本当に飽きないよ。
naoちゃんもぜひ招待したいくらいだよ(^^)

>piraさん
その雑な印象のラーメンを結構気に入っちゃいました(^^ゞ
食材のチョイスにしても盛り付けにしても
もうひと工夫あると良いのかもしれませんが
きっと私の食に対するハードルが割りと低いのかも。
それよりも観楓会が鶴雅というpiraさんが
とってもうらやましいんですけど(^_^;)

>おさchiefさん
おお~!その秘湯入りた~い!
・・・・・って思ったんですけど、湯の滝のこと調べてみたら
貴重なマンガン生成の環境を保全するため
現在、湯の滝は閉鎖されて入ることが出来ないみたいですね。
ん~、残念(ToT)

Posted by Hide at 2008年10月02日 01:02

■ おさchief

それは残念ですネ…
それじゃぁ、オススメを もうひとつ…
養老牛温泉「だいいち」の露天風呂…ここも大好きで、時々、日帰り入浴でリフレシュしてきます。川の中の温泉に入っているような錯覚を覚える露天風呂です。
 
 それと、この場を借りて…piraさん、ど~も初めまして(^^ゞ
御意見通り、ボードメニューにもメニュー写真を付けてみましたヨ…今度、是非どうぞ(^^)

Posted by おさchief at 2008年10月02日 13:27

■ はなゆー(八ツ橋評論家)

http://takarabune.kyo2.jp/ 関係ないけど、北海道新聞のブログパーツがあることを初めて知りました。

(#^.^#)

Posted by はなゆー(八ツ橋評論家) at 2008年10月02日 16:10

■ Yah

http://www.feltworkzebra.com/ 白黒であってますね。カモフラージュかな?

Posted by Yah at 2008年10月02日 19:59

■ pira

おさchiefさん、私もこの場をお借りしまして初めましてです(笑)

かなり昔に食事をさせていただきましたので、以前想像でご意見させて頂きました。ごめんなさい。

もしかしてメニューが一段と増えたのではと思ってます。
写真があると本当に頼みやすいこと間違いなしです。

それより季節ごとにメニューが変わるのは本当に嬉しいことです。
白糠の営業担当から外れて随分とたってしまいましたが、またお邪魔させて頂きます。是非隠し撮りではなく、堂々とお店の写真を撮らせてもらいたく重ねてお願い申し上げます。

Posted by pira at 2008年10月02日 21:20

■ Hide

http://hide.kitaguni.tv/ >おさchiefさん
養老牛の「だいいち」の露天風呂、以前から気になってたんですよ。
今度行ってみようかな~。
おっと、その前にpiraさんリクエストの写真付きボードメニューを
この目で確かめに行かなくては!

>はなゆーさん
道新のブログパーツは最近知ったんですよ。
道内在住のブロガーさんのところで見つけました。

>Yahさん
そうそう。
カモフラージュみたいに牛の中に紛れ込んでるタンチョウの様子が
妙に可笑しかったです。

>piraさん
piraさん提案のメニューも出来たようですし
いよいよpiraさんも「はまなす中毒」の仲間入りでしょうか(笑)
そして次回のオフ会はpiraさんの参加も期待できそうですね(^^)

Posted by Hide at 2008年10月05日 22:23

■ りむパパ

http://ch02236.kitaguni.tv/ 道東に住んでいるHideさんならではのコースですね~
こっちから、思い切って出発しないとなかなか行けませんから。

Posted by りむパパ at 2008年10月05日 22:30

■ Hide

http://hide.kitaguni.tv/ >りむパパさん
近場に行くくらいしか時間が無いんですけど
道東は見どころがいっぱいあるから恵まれてると思いますね。
りむパパさんの住んでるあたりに行くとしたら
日帰りじゃキツイですよねえ(^_^;)

Posted by Hide at 2008年10月05日 22:42

■ Hito

 二十歳の夏に 訪れました。 言葉の響き、湖の色が 懐かしいです(^^) 
「北海道三大秘湖」 ○十代以上、YHの旅を経験した 証しでしょうか(^^ゞ

 オンネトー茶屋は まだなかった時代(頃ではなく)かも?
今の時季なら タンチョウの姿を 見ることができたんでしょうか(T_T)

Posted by Hito at 2008年10月13日 07:41

■ Hide

http://hide.kitaguni.tv/ >Hitoさん
Hitoさんにとっては若かりし頃の思い出の場所なのですね。
○十代の○にどんな数字があてはまるのかちょっと気になりますが(笑)
そういえば、タンチョウの姿は阿寒や鶴居ではよく見られますが
オンネトーほど内陸だとタンチョウが居るイメージがないですねえ。

Posted by Hide at 2008年10月13日 21:03
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
オンネトー
    コメント(13)